スクラッピング法やフォーンズ法などの正しいブラッシング指導している源歯科

神経を抜いた歯は、根の病気になることがあります神経を抜いた歯は、根の病気になることがあります。これは神経に細菌が入ったり、神経を取った後の処置に問題があることが多いためです。


根の治療は、神経の入っていた穴の詰め物を取り綺麗に洗浄して消毒をするということを数回繰り返します。通常はこれで回復することがほとんどですが、長い間放置されていた場合は、数か月の治療期間がかかり、最悪の場合は骨にまで影響を及ぼし手術する必要が出てくることもあります。これは長い時間をかけてたまった膿が骨のある部分にまで到達しており、膿を全て出すために時間がかかるためです。あらかじめ時間がかかる治療だということが判明すれば、最初から手術をすることも可能です。手術しない場合は、根気よく治療を進めていかなければなりません。

また、治療中に症状が出るケースもあります。根を刺激することで膿が出て歯茎が腫れてしまうことがあります。治療部分を塞がれていると、出口を探そうとする膿が内側に入り込んでしまうことがあるため、早めに歯医者で症状を伝え、消毒してもらう必要性が出てきます。


もともと根の病気は目では分かりづらく、炎症がひどくなるまで自覚症状がありません。治療も作業が細かく時間がかかるため、医師も手を抜きがちになります。レントゲンを撮ったときに偶然発見されるケースがほとんどですので、定期健診でレントゲン撮影をしてもらうことも病気発見の手段です。


いずれにしろ症状が発生してからでは手遅れのことが多いので、積極的に診察を受け、医師に確認する自分の意識も必要となります。